• イベント情報
  • まち歩きツアー
  • まち歩き検定
  • 三朝温泉かわら版
  • ロゴキャラ使用申請
  • 三朝ラドングッズ
  • 三朝温泉を動画でご紹介
  • 三朝とちもちぞうに縁JOY会
  • 三朝町商工会Facebook
  • 三朝でアートFacebook
  • 三朝温泉Facebook
  • ミササラドンFacebook
  • 三朝とちもちぞうに縁JOY会Facebook
経営支援
さまざまな面から経営をサポートしています。

●経営指導員を活用しよう!
商工会窓口での相談はもちろん、みなさまの事業所を直接訪問する巡回訪問も行い、事業や商売、経営の改善や事業発展をサポートいたします。
「事業資金を借りたい…」「事業を承継したい…」「商品のパッケージを一新したい…」
「税金のことがよくわからない…」「経営の革新を図りたい…」「取引先が倒産した…」など、
さまざまなご相談に対応できる体制を整えています。
●セミナー・研修会を開催しています!
事業に必要な経営知識、最新の施設情報をご提供するため、各種講演会や研修会などを開催しています。経営力向上セミナーやIT初心者向けパソコン研修など、実際の業務にすぐに活かせる内容になっており大変好評をいただいております。

●専門家を派遣!エキスパートバンク
皆さまの相談に応じて、各商工会連合会で選定したエキスパートが直接事業所にお伺いする制度です。専門家の立場から、より具体的かつ実践的なアドバイスを受けることで、問題解決を図ることができます。
金融相談
運転資金や設備資金また開業資金など、低利な融資制度の活用をおすすめし、政府系金融機関等への推薦・斡旋や県制度融資の紹介を行っています。
また、ビジネスプラン作成との関連による資金計画策定の相談・支援を行なっています。



>> 鳥取県企業自立サポート融資のご案内

>> 日本政策金融公庫融資のご案内
税務・経理相談
税務申告や経理もお任せください。
「税金っていろいろ控除があるけどわかりにくいなあ…」「青色申告って?…」など、 みなさまのさまざまなお悩みに対し、帳簿の付け方から決算、申告の仕方まで丁寧にサポートいたします。

●税理士への無料相談も実施
決算や申告時期に、税理士が専門の相談員として無料の税務相談に応じます。
※一部有料の場合もございます。

●記帳代行で日々の負担を軽くしましょう
元帳作成など面倒な記帳業務をみなさまに代わってスピーディーに処理し、毎月、分析したデータをお届けいたします。

●「ネットde記帳」(記帳機械化)は、低額で帳簿作成・財務分析を行ないます。
「ネットde記帳」はインターネットを利用した経理システムです。伝票入力や決算、各種申告書作成が「いつでも」「どこでも」「誰にでも」簡単に行えます。

>>
ネットde記帳 公式HP(http://www.shokokai.or.jp/kicho/)
共済関係
共済・退職金・保険制度のご相談をお受けいたします。
安心、有利な各種共済、退職金、保険制度をご用意しております。

・商工貯蓄共済制度 (詳細はこちら
・全国商工会経営者休業補償制度 (詳細はこちら
・商工会の業務災害保険制度 (詳細はこちら
・中小企業PL保険制度 (詳細はこちら
・海外PL保険制度
・全国商工会情報漏えい保険制度 (詳細はこちら
・小規模企業共済制度 (詳細はこちら
・経営セーフティネット共済 (詳細はこちら
・中小企業退職金共済制度 (詳細はこちら
・特定退職金共済制度
創業支援
三朝町で開業・起業を検討されている事業者さまを支援いたします。
ビジネスプラン、資金調達など創業には様々な準備が必要になります。

●事業計画を立てましょう!
事業の目標を実現するための具体的な行動を示す計画を立てましょう。1年、3年、5年後の目標や戦略・戦術等を具体的に描いたものを言います。

●創業支援資金を
開業融資は、一度しか受けることができません。事業計画をしっかり立てて有効に利用しましょう。
>> 鳥取県 創業支援資金のご案内はこちら

●各種必要な手続きのお手伝いをします。
税務署への届け出、各種営業許可の取得など創業には様々な手続きがあり、そのお手伝いをいたします。
労務相談
従業員や経営者のもしもに備えましょう。

●社会保険への加入の相談・アドバイス
すべての法人事務所や、常時5人以上の従業員を雇用している一般の個人事業所(飲食・サービス・農・林・漁業などは除く)は、事業者や従業員の意思に関係なく、健康保険・厚生年金に加入しなければなりません。

●労働保険の事務代行

従業員を一人でも雇用する事業者は、必ず労働保険に加入しなければなりません。手続きがわずらわしい方、人手不足のため事務処理に困っている方には、商工会が運営指導している労働保険事務組合への事務委託をおすすめします。事務処理が軽くなるだけでなく、労災保険に加入できない事業者や家族従事者も、労災保険に特別に加入することができます。