• イベント情報まち歩きツアー
  • まち歩き検定
  • 三朝温泉かわら版
  • ロゴキャラ使用申請
  • 三朝ラドングッズ
  • 三朝温泉を動画でご紹介
  • 三朝とちもちぞうに縁JOY会
  • 三朝町商工会Facebook
  • 三朝でアートFacebook
  • 三朝温泉Facebook
  • ミササラドンFacebook
  • 三朝とちもちぞうに縁JOY会Facebook
三朝のとちもちぞうに縁JOY会
私たち『三朝とちもちぞうに縁JOY会』は、栃餅入りの小豆雑煮が全国的にも珍しく、古くから地元三朝町で愛されてきた料理であることに着眼し、この『栃餅雑煮』を縁起物として、そして地域活性化を目的とした『B級グルメ』として発信していく、三朝町を盛り上げる会です。( 公式 facebookページはこちら

三朝とちもちぞうに縁JOY会が提供する『栃餅入り小豆雑煮』の材料は、三朝町内産の栃の実、餅米、小豆を使用。さらに、仕込みには三朝温泉水を使用するなど、町内産へのこだわりを持っています。
三朝町では栃の木が『町の木』になっており、昔から慣れ親しんでいます。栃餅というのは、栃の木の実である『栃の実』を餅米と蒸し、ついたお餅です。独自の風味が美味しさの秘訣となっています。
昔から栃餅を食べると『中気』という病気にならないと云い、子供にも必ず食べさせるものでしたし、『三朝温泉』は『3回朝を迎えると病が治る』といわれており、『3日目の朝を迎えると』と一般的には伝わっていますが、『年の朝、月の朝、1日の朝』の三つの朝、つまり『お正月』に起因しているともいわれています。その三朝で古くからお正月の祝い膳に必ずある雑煮『三朝とちもちぞうに』は、大変縁起の良いものであります。
三朝とちもちぞうにレシピ
三朝とちもちぞうにのレシピをご紹介します。

【材料】30人分(60個)
・もち米  1升
・アク抜きした栃の実 250g~300g
・小豆  1kg
・砂糖(ざらめ)  1kg
・塩  10g
・もちとち粉  100kg
・水  4L
【作り方】
●とちもち
①もち米を前日から水に浸しておく
②もち米を軽く水洗いし蒸し器に入れ、その上にアク抜きした栃の実をのせ約1時間~1時間半強火で蒸す。
③蒸しあがったら臼にうつし、すばやく餅をつく。
④餅がつきあがったら、もちとち粉をしいた板の上に餅をうつし、適当な大きさに切り分けすばやく丸める。

●ぜんざい
①小豆1kgに水1Lと砂糖700g、塩5gを入れ、強火で煮る。
②あずきが十分に水を含み水分がなくなったら、水3Lを入れ約1時間弱火で煮る。
③味見をしながら、砂糖と塩で味を調整して仕上げる。

●もりつけ
①とちもちを熱湯につけ、やわらかくする。
②椀にぜんざいを入れ、とちもちをのせて出来上がり。
三朝町内で食べられるお店
味処 華
中華料理・焼肉・カラオケルーム・コーヒーに紅茶もあります。20名程度の宴会室もあります。
住所:〒682-0123 鳥取県東伯郡三朝町三朝791-17
TEL:0858-43-0006
営業時間:11:30~14:00、17:00~24:00
定休日:水曜日
喫茶 マロニエ(『とちの館』併設)

住所:〒682-0133 鳥取県東伯郡三朝町吉田882-1
TEL:0858-43-2950
営業日:毎週日曜日
営業時間: 9:00~16:00
谷川天狗堂
山菜料理・名物三徳山とうふ・とちもち・わさび漬
住所:〒682-0132 鳥取県東伯郡三朝町三徳998
TEL:0858-43-2663
営業時間: 9:00~17:00